「X-A1」!?

出た当時は「X-M1」があるのになんで??と思いましたが、逆にX-MシリーズがX-M2は発売せずにX-M1で終了。(ずーーーーと楽しみにしてたんですけどね〜。残念。)

そして、今ではX-Aシリーズがコンシューマー向けのメインになってますね。

X-M1があったので購入する機会がありませんでしたが、今回望遠レンズとセットで安く売っていたため望遠レンズ狙いで購入してみました。

さてさて、X-M1とはどう違うのか見ていきましょう。

X-A1・X-M1外観比較

fujifilmのx-a1の外観正面

fujifilmのx-m1の外観正面

正面

fujifilmのx-a1の外観横

fujifilmのx-m1の外観横

左側

fujifilmのx-a1の外観正面斜め後ろ

fujifilmのx-m1の外観背面

背面斜めから

fujifilmのx-a1の外観背面

fujifilmのx-m1の外観背面

背面

fujifilmのx-a1の外観横

fujifilmのx-m1の外観横

右側

fujifilmのx-a1のロゴ

fujifilmのx-m1の外観ロゴ部分

ロゴの部分

 

fujifilmのx-a1のチルト液晶

fujifilmのx-m1の外観チルト液晶

チルト液晶

まー、比較する前からわかっていたことだけれど・・・

一緒!

尋常じゃなく一緒!

質感の比較

質感に関しても、あまり変わりません。色が違うの厳密な比較はできないですが、共にプラスチックで工作精度も含め同じような感じです。ただどうしてもシルバーはプラスチック感が強く出てしまうのでよく見るとA1のほうがチープさを感じてしまいます。でも貼り革はX-M1はツルツルしてますが、X-A1のほうは少ししっとりとしているためグリップ感は上ですね。その為X-A1の方が使いやすいです。

fujifilmのx-m1の外観グリップ

X-M1はもうちょっと頑張れなかったのか・・・。ちょっとしょぼすぎる。X10も同じような感じですけどね。

あとX-A1は使い込むとどうしてもシルバーが禿げていくのでそのあたりで差が出そうです。

電源ボタンの比較

fujifilmのx-a1のモード切り替えダイアル

fujifilmのx-m1の外観斜め上から

見た目は同じですが、X-A1のほうが軽くなっています。というかX-M1の電源は硬すぎですね。指がいたくなります。今まで使ったことのあるどの機種より硬いです。なかなかONにできなくて爪で電源を入れることがあるほど・・・笑

もしかしたら個体差かもしれないけれど・・・。こういうものかと思ってずっと使ってます。