タブレットはタッチパネルで操作するのが普通だけど、やっぱり入力は物理キーボードには敵わない。長文入力に最適なキーボードを探し求めて行きたいと思います!!

第一回はLogicoolの「K480」をテストしてみました。

では、

「Let’s do it.」

Logicool K480 仕様

k480 キーボード全体像 斜めから

  • 高さ:20mm
  • 幅:299mm
  • 奥行き:195mm
  • 重量::815g(電池含)
  • バッテリー:単四形乾電池2本
  • 価格: 4,630円(税別)
  • 実売:約3000円〜
  • キーレイアウト : 84キー日本語レイアウト
  • キー構造/デザイン : パンタグラフ
  • キーピッチ: 19mm
  • キーストローク: 2mm

外観レビュー

k480 キーボード全体像 正面

全体的に丸くて柔らかいデザインです。

k480 キー拡大

キーも丸く、少しくぼんでいます。そのおかげでタイピングはかなりし易いです。キーストロークも深く、打ち心地も良好。

k480 キーボード 左側

左側。一番下の列はキーに膨らみがあります。素直なキー配置。

k480 キーボード 右側

右側。

k480 キーボード 説明

説明のシールが貼ってありました。キーボード左のダイヤルで簡単にデバイスの変更が行えます。

k480 キーボード 真横から

真横から。キーボード自体に緩やかな角度がついています。ぺったんこより格段に打ちやすいです。

k480 キーボード 裏面

裏側。すべてが丸い。

k480とipadAir

iPad Airを装着してみました。装着といっても溝にはめるだけですが。

k480とipadAir 斜めから

見た目は結構マッチしてます。

k480とipadAir 真横から

角度の調整はできませんが、ちょうどいい角度。この辺りはデバイスによるかんじですね。詰め物をしたら調整も可能ですが・・・どうなんだろう。

感想

いいところ

  • サイズが大きいだけあって非常に打ちやすい
  • キーストーロークも深くて満足
  • キーのくぼみがいい感じ
  • 作りがしっかりしていて、キーを強く叩いても平気
  • 重いので安定感抜群
  • Bluetoothの切り替えダイアルが地味に便利
  • 値段が安い

残念なところ

  • 大きく重いのでモバイルには向かない。家専用。

コメント

正直期待以上にいい!

ブログやYoutubeでもたくさんの人がレビューしているけど、納得です。この値段でこのクオリティ。何もいうことはない。最高じゃないか!見た目で好き嫌いが分かれそうなぐらいかな。万人におすすめできます!!(※持ち運ぶ人は除く。)