中古PC探訪記の初回は「ASUS X205TA・Windows10搭載モデル」です。

Macbookホワイトの最終モデルみたいなデザインでかわいい。でも超低スペック(´・ω・`)。でも、価格.comで2015年のプロダクトアワードで大賞取ってるぞ!まじか!使ってみたす。おっ、メルカリでそこそ安いぞ。買ってみるか。ってことで買ってみました。

まずざっくりとスペックです。

 

  • 液晶サイズ:11.6インチ
  • CPU:Atom Z3735F(Bay Trail)/1.33GHz/4コア
  • CPUスコア:908
  • ストレージ容量:eMMC:32GB
  • メモリ容量:2GB
  • OS:Windows 10 Home 32bit
  • バッテリー:約12時間(充電時間は2.4時間)

スペックをみてわかる通りかなり低スペックです。CPUはAtomですし、メモリも2GBしかない。ストレージがHDDでななくeMMCなので、そこだけが救い。メインでは絶対に使いたくないマシンですねww。

購入理由はこのスペックでどれだけできるのかが気になったのと、Macbookホワイトの最終みたいでかわいいし、バッテリーがかなり持つみたいだから多少でも使えるなら使ってみよう。それぐらいのテンションですww。

まずは外観から。

デザインがかわいい!

丸くてかわいいぞ。ホワイトは少しラメってます。

 

キーボードはオーソドックスなタイプで結構好きです。

キーストロークもそれなりにあるので結構打ちやすいです。

USBは2.0ながら2つあるのは嬉しいところ。

左から電源・microSDスロット・HDMI・ヘッドホン端子。普通〜。

写真じゃあまり伝わならないけれど、少しザラッとした感じで表とは全く違う質感です。安っぽいといえば安っぽいけど、実際安いのでまあこんなものかなといったところ。

グレアなので結構写り込みあり。Airのほうがまし。

充電器はコンパクトでいいです。Airより小さいし軽い。モバイルには最適ですね。コードの長さも2.2m位あるのでちょうどいい感じです。

んーーやっぱり外観は昔のMacbookみたいでかわいい。Appleのロゴが入ってたらな~。

個人的に外観はかなり高得点の85点!!

肝心の使いやすさは??

キーボードに関しては安っぽいけど悪くはない。むしろ個人的にはいいほう。キーの配置がオーソドックスなのでその点もいいですね。lenovoやHPみたいに余計なことしないのがいいです!

重さは980gなのでかなり軽い!!丸みを帯びたデザインとあいまって持つのが嬉しくなります。でもすべって落としそう・・。

バッテリーは予想以上にいいです。本当に10時間位持ちます。Airなんてなんだかんだすぐなくなりますからね。やっぱりCPUの違いは大きいんでしょうね。もともと低消費電力のAtomであるにもかかわらず、長時間駆動のためにCPUの最大速度が出ないようになってるのもあって本当によく持ちます。

ただやっぱり、

遅い・・・。

最初からわかっていたことだけれど、遅い・・・。

メモリが2GBしか無いからとかそんな話じゃないです。このスペックではこんなものですね。基本的に僕がいつも使っているモバイル用のPCはMacbook Airの13インチですし、比べること自体が間違っているとはいえ、反応が1テンポも2テンポも遅い感じです。eMMCなのでそこそこはがんばってはいます。昔のネットブックと比べるとまあまあ快適な動作だと思います。XP時代のネットブックならそっちのほうが快適かもしれないけれどww。(基本的にWindows10は本当にクソだと思っているので。)あっ、でもiPad Airの初代よりマシです!

Macbook Airの11インチとの比較です。

サイズ感は同じ11.6インチなのでほとんど一緒です。

キーのサイズは少しX205TAが小さいですね。

後ろは大して変わりませんが、前の厚みはかなり違います。

横は少しAirが大きいです。

サイズ感や持ちやすさはX205TAのほうがいいですね。

結局X205TAってどうなの?

ブラウザでタブもあまり開けないですし、複数のアプリを使うこともできません。シングルタスクで使うべきPCですね。値段が値段ですし、割り切ってモバイルノートとして移動の合間とかにちょっと使うぐらいならいいんじゃないでしょうか?あとは1週間に1回ぐらいしか使わない人とか、一時的にPCが必要な人とか。かなぁ。

でもかわいいから許す(*´∀`*)