タブレット用の長文入力に最適なキーボードを探し求めて第二回。

今回はLogicoolの「Logicool Ultrathin Keyboard Cover for iPad Air」をテストしてみました。

Logicool Ultrathin Keyboard Cover  i5 仕様

logicoolキーボードi5にiPad airを装着 上から

  • 高さ:10mm
  • 幅:241mm
  • 奥行き:180mm
  • 重量::355g(電池含)
  • バッテリー:内蔵充電池
  • 価格: 10,800円(税別)

外観レビュー

logicoolキーボードi5の全体像

logicoolキーボードi5のキー拡大

シンプルなデザイン。

logicoolキーボードi5の裏面

裏側はシルバーです。

logicoolキーボードi5 真上から

素直なキー配置で使いやすいです。

logicoolキーボードi5 左側

logicoolキーボードi5 裏面斜めから

logicoolキーボードi5にiPad airを装着

マグネットでiPadとくっつきます。

logicoolキーボードi5にiPad airを装着 横から

ほぼおなじ厚み。

logicoolキーボードi5にiPad airを装着 閉じたところ

logicoolキーボードi5にiPad airを装着 閉じたところ

見事な一体感。ノートパソコンみたい。

logicoolキーボードi5にiPad airを装着 平置き

logicoolキーボードi5にiPad airを装着 溝にはめたところ

溝に差し込んで使います。

logicoolキーボードi5にiPad airを装着 斜めから

見た目はディスプレイとキーの距離が近く、窮屈なように見えますが実際は全く気になりませんでした。

logicoolキーボードi5にiPad airを装着 真横から

角度はちょうどいい感じ。調整は不可。(※Air2も一応使えるようですがかなり傾きはきつくなるようです。)

logicoolキーボードi5にiPad airを装着 持ってみた

355g重くなっていますが、持った感じはあまり重くなった感じがしません。479g(本体)+355g(キーボード)=839gです。ノートパソコンと比較するとそれでも十分軽いからでしょうか。キーボード付きだと思うと逆に軽っ!と思ってしまいます。

感想

いいところ

  • キーは小さいながら打ちやすい。
  • キーストロークも程よくありうち心地よし。
  • iPad airとの一体感が素晴らしい。まるで純正品のよう。
  • バッテリーのもちがいい。

残念なところ

  • 長期間使っていると溝の線がiPadの液晶につく。
  • iOS9になってから入力切替が面倒になった。

総評

値段は高いが素晴らしい製品だと思う。入力の心地よさ、閉じた時の一体感、手触り。閉じると画面が露出しないのでかばんにもさっと入れれる。さすがLogicool。購入してからiPadにはずっとこれを装着している。

ただ残念なのはiOS9

logicoolキーボードi5 入力切替キー

この地球儀ボタンが入力切り替えなのですが、iOS8からiOS9になって切り替え方法が変わってしまい、なんとこのボタンで検索(Spotlight)が起動するようになってしまいました。これはもー本当に残念。代わりにctrl+spaceで切り替えることができるのですが、

logicoolキーボードi5 左側

ctrlが左から2番目・・・せめて一番端が良かった・・・。慣れるといえば慣れますが、それでもやっぱり地球儀ボタンを使えるなら使いたい。

使えるようにはならないの?

と思い、いろいろ調べてみましたが・・・

「無理。」

iOS上での設定も不可、Logicoolのファームウェアアップデートとかもなし・・・

イコール、

慣れるしかない!

のです。重大な変更をさらっとやるapple、柔軟性の全くないapple、

いつものことさ(;´Д`)